· 

8/7更新:岐阜県「第2波非常事態」に対する緊急対策について

岐阜県は、7月31日に「第2波非常事態宣言」発令し、8/7更新版が公開されました。
本発令に対しての緊急対策をご案内いたします。

また、事業活動の再開・継続に伴う感染拍防止対策が8月1日付けで変更されました。こちらもご覧いただき、お客様や従業員を新型コロナウイルス感染症から守るためにも、感染拡大を防止するための対策を徹底しましょう。

 

 1.「第2波非常事態」

 

○「第2波」が到来

 ・7月の感染増加は、4月を上回るスピード。

 ・「新規感染者数」、「感染経路不明者数」、「入院患者数」が基準超過。

 ・「PCR検査陽性率」急増。

○「愛知県、特に名古屋」の酒類を伴う飲食店で感染多発 

 ・本県感染者の約6割が、愛知県由来。

 ・愛知県由来のうち、繁華街のクラブ等、酒類を伴う飲食店での感染者が、約7割超。

○「若者」の感染急増、「学校クラスター」の相次ぐ発生

 ・20代以下の感染者は、直近1週間では全感染者の5割超に急増。

 ・全国初となった高校クラスター。続いて大学クラスターも発生。

○在住外国人の感染、家族内感染が増加

 ・在住外国人が多数利用している場所で感染拡大。

 ・家族・親せき間で感染が増加。

 

  下矢印  

○若者から高齢者への感染拡大の懸念

 ・高齢者に拡大すれば、急速に医療機関を圧迫(重篤者数の増大リスク)。現在も徐々に高齢者の感染割合増。

○今後、人の動きの活発化

 ・本格的な「夏休み」

 ・帰省ラッシュの「お盆休み」

 ・「GoToキャンペーン」

 

2.緊急対策(「オール岐阜」での取り組み)

(1)県民の皆様へ

○愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食の回避

 (感染状況、防止対策について愛知県、名古屋市と積極的に情報共有)

 

○学校夏休み、お盆休み対策の徹底

 ・児童生徒は、健康チェックカードによる毎日の体調管理。

 ・保護者は、児童生徒の感染防止対策の確認。

 ・教員は、自らの感染防止対策の遵守と体調不良時の報告。

 ・大学生は、特に、締め切った場所及び多人数での懇親会やパーティー、カラオケを自粛。

 ・学校内の「衛生管理者」による校内コロナ衛生管理の徹底。

 ・県をまたぐ外出、感染拡大地域、特に愛知県との往来は慎重に。

 ・お盆休みの帰省、旅行について、体調、行き先の感染状況を踏まえ慎重な対応を。

 ・家族同士で感染防止対策のチェックを。特に高齢者への感染につながらないよう注意。

 

○感染防止対策の基本の徹底

 ・「人との距離確保」「マスク着用」「手洗い」。

 ・3密の場(「密閉」「密集」「密接」)の回避。

 ・多人数の集団での会食、ジムなど密閉空間での密集した激しい運動の回避。

 ・毎日、体調を自己チェック、体調異常の場合は、外出ストップ。

 ・県の「感染警戒QRシステム」と政府の「接触アプリ(COCOA)」の活用。

 

○行動指針、ガイドラインの遵守徹底

 ・感染防止対策を徹底していない店舗において、感染者が発生した場合には、感染症法等に基づく店名公表、立ち入り検査。

 ・クラスターが発生した店舗には、特措法に基づく個別の休業要請及び業界指導。

 ・「コロナ対策実行中!」ステッカーの掲示徹底と掲示店舗の利用推奨(県ホームページ、雑誌、サイトへの掲載)。

 ・「GoToキャンペーン」などに備え、特に観光、宿泊施設の感染防止対策を再点検。

 ・在宅勤務(テレワーク)、時差出勤を推進。

 

詳細は岐阜県HPをご覧ください。

ダウンロード
「第2波非常事態」に対する緊急対策 8/7改訂版
kinkyuutaisaku0807kaiteihonnpen.pdf
PDFファイル 398.9 KB

 事業活動の再開・継続に伴う感染防止対策(マニュアル作成)について

  8月1日更新 

本指針には、各事業所・店舗にて、共通して実施していただきたい「共通事項」とともに、施設類型や業態ごとに特に留意いただきたい点を「個別事項」としてお示ししていますので、事業活動の再開や継続にあたり、本指針を参考として、具体的な運営マニュアルを作成いただき、感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。

ダウンロード
「コロナ社会を生き抜く行動指針」(令和2年5月15日策定(令和2年8月1日変更))
koudoushishin.pdf
PDFファイル 182.4 KB