· 

岐阜県:新たな「第5波」緊急対策

岐阜県では、新たな「第5波」緊急対策として、以下の対策が発表されました。

 

対策1 感染防止対策「セルフ・ロックダウン」

対策2 医療提供体制

対策3 まん延防止等重点措置に基づく取組み

 

詳しくは、岐阜県HPをご覧ください。


対策3 まん延防止等重点措置に基づく取り組みより、事業者の皆様への箇所を抜粋

(2)事業者の皆様へ

・業種別ガイドラインの遵守を要請します。【法第24条第9項】

・「入場をする者の整理等」「入場をする者に対するマスクの着用の周知」、「感染防止措置を実施しない者の入場の禁止」「会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置(飛沫を遮ることができる板等の設置又は利用者の適切な距離の確保等)」を要請します。【法第31条の6第1項等】

・大規模商業施設の管理者の方に対し「入場者の整理等」を要請します。【法第31条の6第1項】

・百貨店の地下の食品売り場等について、施設管理者の方に対し「入場者の整理等」を要請します。【法第24条第9項】

 ※入場者の整理等とは、「入場者が密集しないよう整理・誘導する等の措置」と「施設の入場者の人数管理・人数制限等の措置」の双方を含むものです。

・イベント等の催事について、主催者の方に対し以下の「収容率」「人数上限」のいずれか小さい方を限度とし、開催いただくよう要請します。【法第24条第9項】

収 容 率:大声での歓声、声援等がない場合100%以内。大声での歓声、声援等がある場合50%以内

人数上限:5,000人

開催時間:21時まで

・在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の7割削減を目指すとともに、接触機会の低減に向け、出勤が必要となる職場でもローテーション勤務等を徹底してください。

 

(3)事業者支援

・飲食店の休業や時短営業又は外出自粛等の影響により売上が30%以上減少した事業者で、国の月次支援金の対象とならない事業者を支援。

・酒類の提供を停止する飲食店等と取引のある酒類販売事業者で、国の月次支援金の対象となった事業者に対して上乗せ支援。